【成婚するには?】 1年以内に成婚した人が共通する7つのルール

今では婚活というと色々な方法があります。
結婚するには頼りになるのが、やはり結婚相談所です。
それでは結婚相談所に求めるものはなんでしょうか。

婚活をするのですから、もちろん成婚が目標です。
ですが、成婚するには期限を設けることも必要だと思います。
その期限の多くが「1年以内の成婚」を目指すことです。

実際に1年というのはこれから交際を始めて、婚姻届を出す日までが1年ということです。
普通に考えて見ても短期間であることがわかります。

もちろん結婚相談所に登録している人の目標が成婚であることは間違いないので、トントン拍子に進めば数ヶ月での成婚するのも夢ではないでしょう。

そのように1年以内で成婚した人がいると思えば、なかなか結婚できない人もいます。
結婚するにはどのような差がどこにあるのでしょうか。そこには1つの法則があるようです。

その法則というのは何も難しいものではありません。
ちょっとしたことを変えるだけで成婚することができるのです。
1年以内に成婚するにはどうしたらいいのでしょうか。
その参考になることを8つの項目でまとめてみました。

成婚するには理想とする相手を細かく書き出してみる

大切なことはまずは自分の頭の中を整理することです。
結婚相談所のスタッフもよく言われることですが、あなたが理想とする異性のタイプをしっかりとそして事細かく書き出してみましょう。

よく、どのような人がタイプですか?と聞かれることがあると思います。
そのときに「優しい人」あるいは「家庭的な人」という答えをよく見かけます。

それでもいいのですが、ここはもっと踏み込んで具体的に書き出してみましょう。
「優しい人」に具体的も何もないのではないかと思えます。

具体的に理想の成婚相手を書き出す方法

例えば動物が好きな人は優しい人だと言えます。花が好きな人もそうでしょう。
ちょっとしたことでも構わないので、抽象的になりすぎず、1つのことでもさらに踏み込んで具体的に書き出すことが大切なのです。

そうすることで目標とするものが明確になります。
自分でも漠然としていたものが1つでも具体的に書き出すことでよりはっきりと見えてくるのです。

何ごとも曖昧にすることなく、
出来るだけはハッキリとさせることが目的意識を向上させることに役立ちます。

そうすることで1年以内の成婚ということが具体性を持って見えてくるのです。

成婚するには受け身にならないことが大事!

出会いは自然にまかせるという人も多いです。
結婚相談所に登録しているのですから、どんどん相手を探していけばいいのですが、会員のプロフィールを眺めながら、なかなか自分の理想とするタイプの異性が見つからずに、いい人が現れるまで待とうという人です。

このような人は、結婚相談所がセッティングした婚活パーティなどにも出席しない人です。
何よりも、日常的な自然な出会い方を期待している傾向にあります。

本来が受け身ですから日常的な出会いというのを期待していても、なかなかそのような出会いもないでしょう。
1つのことに拘りすぎて婚期を逸してしまう人も多々見受けられます。

出会いに対して受け身な人へのアドバイス

自然に出会うことで恋が深まっていく。
誰もがそれを理想としているのですが、それが適わないから結婚相談所に登録しているという意識が希薄なのかもしれません。

これまでの経緯からどうしても出会いや恋愛に対して受け身になりがちです。
しかし、そうしているとせっかくのチャンスを無駄に潰してしまいます。

そうならないようにできるだけ受け身にならずに結婚相談所がセッティングしたパーティなどに出席するようにしましょう。
そこでの出会いもきっと自然な出会いですよ。

機会を増やすことが成婚チャンスの訪れ!

結婚相談所に登録したのだから、安心というわけではありません。
スタッフからの紹介だけではなく自分からも積極的にアプローチをすることが大切。

何を積極的にするのかというと、まずは出会う機会を増やすことが成婚のポイントになります。

人にはそれぞれ個性があります。
その個性の中から自分に合った人を見つけるには数多くの人と会ったほうがいいです。
「この人でもいいのだけど、もっと他にいい人がいるかもしれない」なんて思うことも。
そこが難しいところになります。

そんなときは自分の気持ちを大切にしなくてはいけません。
ときとして成婚するには決断力が必要になるのです。

成婚のチャンス!機会を増やすために心得る事とは?

多くの人と会ってみましょう。
その回数が多ければ多いほど選択肢は増えていきます。
例えは悪いのですが、たくさんの人とあってその中からこの人を選ぶという方法でもいいでしょう。

もちろん相手の気持ちも大切です。
選んだ相手から断られる場合もあります。
そういうことも少なくありません。
できるだけ多くの人と会うというのはそういう意味もあるのです。

結婚相談所のスタッフからもアドバイスあるいは紹介があると思います。
やる気次第で月に何10人も紹介してもらって、そのうちの数人と食事ということも簡単にできます。
その中から意中の人を見つけたらいいのです。

こう言ってしまうと簡単なように見えますが、大事なのは本人のやる気一つにかかっているのは言うまでもありません。

自分を良く見せることが成婚への第一歩

自分を良く見せることは大切です。
もっとも自分を悪く見せる人はいないでしょう。
ここで大切なのは最初の印象です。
プロフィールであれば最初に目にするのは写真なのは間違いありません。

次に身長や体重、学歴になるでしょう。
ですからまずは自分を磨くことが大切なのです。

自分磨きとなると内面や外見などがありますがここでは外見だけに的を絞っても大丈夫です。
もちろん内面も大事ですがそれは性格にも関わることですから、それを磨くのも時間がかかると思います。
1年以内に成婚するには、とにかく外見を良くするようにしましょう。

外見をよくする簡単な方法

服装編

具体的にはどうしたらいいのかというと、まず気を付けるのは服装。
ブランド物にこだわる必要はありませんが、プロフィールの写真はきちんとした服装にしましょう。
そしてできるだけ清潔感が溢れるような感じがベスト。
結婚相談所では写真を撮る機会が多いので、撮影するときは身なりを整えていきましょう。

髪型編

顔や髪型も大事です。
特に髪の毛はしっかりと整えるようにしましょう。
2ヶ月に1回は美容院に行くなどして、服装と同じように清潔感がある髪型野方が、相手にいい印象を与えます。

また男性の場合は髭の手入れも定期的に行いましょう。
無精髭などは相手によれば不潔なイメージを与えてしまうおそれがあります。

男女どちらも「清潔感」というキーワードが重要。
成婚へ近くづくには、身なりの手入れをしていきましょう。

見栄えをよくすることが自分磨きの第一歩

こうして外見を見栄えの良いものにしておくと、不思議と相手の人もそれに合わせるかのように魅力的な人と交際することができるようになります。
ですから自分を磨いた甲斐があるくらい素敵な人と出会うことができるのです。

ダメだと思ったら早めに諦める!成婚が遠のく恐れあり!

時間が十分にあれば、会う回数を重ねることで成就することもあるでしょう。
しかし1年以内の成婚という目標を立てているのですから、いつまでも引きずっていては時間の無駄になってしまうこともあります。

この人しかいないということでしたらどんどんプッシュしたらいいのですが、相手からの脈を感じられないのでしたら、いつまでも引きずっていないでスッパリと諦めることも肝心です。

3回会って食事をしたりカフェでコーヒーでも飲みながら話しをしたりすることでだいたいの性格はわかると思います。
そこでこの人となら、と考えることができるようでしたらどんどんプッシュしてみましょう。

相手からの脈を感じられなかったり、性格が合わないと感じられなかったらスッパリと諦めることが成婚するには肝心なのです。
大人の関係になってしまうと、簡単にふっきれないものです。そうなる前にしっかりと相手を見極めることが大切になります。

1人に絞らず複数人とお付き合いすることも必要

俗に2股3股というのは社会的にも好まれるものではありません。
しかし、結婚相談所ではそれがある程度はまかり通っていると考えてもいいでしょう。

プロフィールなどを見ていてこの人だけと決めるのは早計です。
何よりも自分が良ければいいのではなく、相手の気持ちもあるので、こちらも複数の人をピックアップしておくのは悪いことではありません。
場合によってはマルチにすることもあるでしょう。

この人がだめだったら次の人を探そう、というのでは1年以内の成婚が遠のくばかりです。
同時進行で考えていきましょう。

常に相手をキープしておきながらこの人がダメでも、こちらの人がいる、くらいの付き合い方がベストと言えます。
これは何も悪いことではありません。

できるだけ多くの人との出会いの中から最適な人を見つけるのが結婚相談所の趣旨だからです。
効果的な方法としては常に第3候補くらいまではキープしておいたほうがいいでしょう。

この人と結婚すると決めたらとにかく押してみよう!

この人と結婚したいという人が現れたらとにかく押してみましょう。
相手はそれ程でもないかもしれません。
しかし、相手に合わせるようにして自分のことをアピールするのです。

もしも、「この人と結婚がしたい!」と思うような人が現れた場合。
「良い感じだけど、この人は脈がなさそうだ」と思って諦めないように。
そういった気持ちは癖になることがあります。
諦め癖が付いてしまってはいつまでたっても成婚という目標に到達できません。
結婚できるかも、この人と結婚したいと思ったらとにかく一直線にプッシュしましょう。

「結婚相談所に登録しているのだからいつかは結婚できるだろう」確かにいつかはできるかもしれませんが、そのいつかが2年後3年後では意味がないのです。

成婚に近づけるアピールポイント

結婚するには、デートの回数を増やすのが最善です。
こちらの誘いを断らないのであれば脈がある証拠です。
そこからさらにデートを重ね、大人の関係と持つことで成婚にさらに近づくことでしょう。
将来のことを話すようにすることで相手の気持ちを知ることができます。
十分に機が熟したと思ったらこちらから告白するようにするのです。

結婚するには結婚相談所がベストな選択

何もないところから結婚するには、結婚相談所がベストな選択になります。
しかも1年以内に成婚をしたいというのでしたら、結婚相談所一択になるでしょう。

お見合いという線もありますが、こうなると一対一であり、関係する人も多くなりますから反対に逃げ場がなく、予期せぬ相手と結婚しなくてはならなくなります。

特に強い意志を持つ人でなければ流れにまかせて成婚するまで、ということにもなりかねません。
そういった意味でも結婚相談所のほうがお勧めなのです。

結婚相談所では選任のスタッフが付いてくれることが多いです。
プロフィールから、あなたにあった相手を探してくれますし、婚活パーティへの出席もセッティングしてくれます何よりも出会いの機会をたくさんもってくれるのですから、後は自分の気持ち、そしてやる気次第ということなのです。

そして1年以内に成婚するという強い気持ちを持って臨めば必ず目標を達成することができるはずです。

まとめ

最後になりましたが、結婚相談所もたくさんの種類があります。
どの結婚相談所にしようか迷うと思います。

そのときは口コミなどの情報を調べてみるのもいいでしょう。
多くの人と出会いたいのであれば全国的にも名の知れた会員数の多い結婚相談所がお勧めです。


結婚相談所紹介
メニュー
みんなの婚活体験談