4つの大手結婚相談所を徹底比較!

結婚が難しくなった現在において、結婚相手を見つける手段として結婚相談所は頼りになる存在と思ってもいいでしょう。もっとも、その結婚相談所もたくさんありますので、どの結婚相談所が自分に合っているのかを見定めなければいけません。一生の伴侶を選ぶのですから、結婚相談所選びも慎重に行いたいものです。ここでは結婚相談所でも大手と呼ばれる4社の結婚相談所を紹介します。大手ならではのきめ細かいサービスはもとより、なによりも登録会員数の多さが魅力です。

紹介する結婚相談所は、ツヴァイパートナーエージェント楽天オーネットIBJメンバーズの4社となります。

数多くの会員が在籍している結婚相談所で将来の伴侶を見つけましょう。

結婚相談所を会員数で比較

会員数

4社の結婚相談所の会員数を比較します。今回紹介する結婚相談所で1番会員数が多いのが、IBJメンバーズです。ここでは約5万人の会員が在籍しています。そして、2番目に会員が多くなっているのが楽天オーネットの約4万人です。3番目はツヴァイの約3万人で4番目はパートナーエージェントの約1万人となっています。

会員数が多ければ多いほど希望する条件に合った相手を見つけることがたやすくなるでしょう。もっとも相手の住んでいる住所や家庭環境なども影響してきますから、一概に会員数だけで判断はできないのですが、それでも登録会員が多いのは選択肢の中でも一番のアドバンテージになります。

男女比率の比較

結婚相談所の会員数の男女比率ですが、男性が入会するのに男性の会員のほうが女性よりも比率が高くなってくると競争率も上がってくるような気がする人も多いでしょう。楽天オーネットは55%が男性となっていて、男性が女性よりも多くなっています。対してツヴァイは男性と女性の比率がほぼ同じで、男女会員のバランスが良い結婚相談所と言えます。IBJメンバーズについては女性会員の比率が60%で、男性会員よりも多くなっています。
男女比率のみでは判断が難しいのですが、男性会員であれば女性会員が多いIBJメンバーズがお勧めと言えます。また、女性会員であれば男性会員が多い楽天オーネットがお勧めとなります。

会員の成婚率の比較

会員の成婚率



パートナーエージェントと楽天オーネットの2つの結婚相談所については、両者がほぼ同率で20%以上の成婚率です。成婚率が圧倒的に高いのが50%以上となっているIBJメンバーズです。この数字からこの結婚相談所では会員の約半数が結婚したことになります。この調査結果から、結婚したい人はIBJメンバーズへの入会が結婚への近道になると言えます。

結婚退会までの活動期間

結婚相談所の会員がめでたく結婚退会するまでの平均的な活動期間を紹介します。「1年以内の結婚大会」を目指しているパートナーエージェントでは、一年間に約7割という非常に高い割合で会員が結婚退会をしています。続くIBJメンバーズでは約6割の会員が1年以内に結婚退会しているのです。結婚率を入会の判断理由にするのであればこの2つの結婚相談所がお勧めとなります。

会員の年齢

男性会員

40代以上の会員が多くなっているのがツヴァイで、60%以上が40代となっているのが特徴です。30代の会員が多くなっているのがIBJメンバーズとパートナーエージェントで、全男性会員の約半数です。対して、楽天オーネットでは20代の会員が10%となっていて、この比率は他の相談所に比べて段違いに多くなっているのが特徴です。

女性会員

20代〜30代の会員が約80%以上と圧倒的に多くなっているのが、IBJメンバーズとパートナーエージェントです。特徴的なのが楽天オーネットで、50%超が30代の会員となっています。そして40代以上の会員が約40%となっているツヴァイはこの結婚相談所の中では女性会員の年齢層が比較的高くなっています。

男女会員

20代から30代までの男女会員が多いのが、パートナーエージェントとIBJメンバーズです。いっぽうで30歳から45歳までの男女会員が中心となっているのが楽天オーネットです。さらに男女ともに40代以上の会員が多くなっているのがツヴァイと言えるでしょう。

結婚相手の希望年齢が20代〜30代という人は、IBJメンバーズかパートナーエージェントを選択するのがベストと言えます。30代から40代前半が希望なら楽天オーネットを、さらにそれ以上を目指す人はツヴァイを利用するのが賢い選択と言えます。

会員の年収

男性会員の年収

男性会員で、年収400万円未満が約20%と比較的多くなっているのが、ツヴァイとパートナーエージェントの2つの結婚相談所です。一方で楽天オーネットは400万円以上~800万円未満の会員が約70%となっています。そしてIBJメンバーズは、年収600万円以上が半数となっていて非常に高い割合となっているのが特徴です。

女性会員の年収

年収400万円未満の女性会員が約70%となっていて、比較的高い割合なのがIBJメンバーズです。楽天オーネット・パートナーエージェント・ツヴァイは、女性会員の年収が200万円以上~600万円未満で約80%となっています。

男女会員の年収比較

結婚相談所の男女会員の年収をまとめて比較します。一番目につくのがIBJメンバーズです。ここでは高年収の男性会員が多くなっていて、低年収の女性会員が多いといった特徴があります。結婚率も高いですから、男女会員の年収差が大きいほうが、結婚につながりやすいのかもしれません。

会員の学歴

男性会員の学歴

中学校・高等学校卒業の会員が約30%と、かなり多くなっているのがツヴァイです。パートナーエージェントと楽天オーネットは近い率になっているのですが、パートナーエージェントやIBJメンバーズは大卒会員が多いというメリットがあります。

女性会員の学歴

ツヴァイは中学校・高等学校卒業の割合が高く、20%超の女性会員となっています。楽天オーネットは専門学校卒や短大の女性が多くなっています。そして大卒以上の会員が約60%と非常に多くなっているのがパートナーエージェントとIBJメンバーズです。

男女会員の学歴

結婚相談所に在籍する男女会員の学歴を比較します。男女ともに中学校・高等学校卒業の会員比率が高いのがツヴァイです。男女とも学歴の比率がバランスの良くなっているのが楽天オーネットですが、短大・高専・専門学校卒業の男女会員の割合が若干多くなっています。パートナーエージェントとIBJメンバーズは大卒の男女会員が多くなっているのが特徴と言えるでしょう。
結婚相手に学歴を重視するのでしたら、パートナーエージェントまたはIBJメンバーズにすると、希望の相手を見つけやすいでしょう。

結婚相談所の店舗(全国比較)

ツヴァイと楽天オーネットは、各都道府県に店舗を展開しています。パートナーエージェントは東京・名古屋・大阪といった大都市圏を中心に店舗展開していて、IBJメンバーズは東京・神奈川・埼玉・名古屋・大阪・兵庫にといった特定地域に店舗を構えています。

結婚相談所の会員情報

それぞれ、結婚相談所によって興味深い特徴があります。男性が多い、女性が多いよりも結婚に至る達成率がもっとも重視されるものなのですが、それにも複合的な様々な事情がからみあっているのがわかる興味深い調査結果となりました。

結婚相談所紹介
メニュー
みんなの婚活体験談