アラサー女性の婚活の現実とは

女性の社会進出が進み、30代に入ってから結婚する女性もだんだん増加してきました。
それに呼応するように、結婚相談所に登録している女性の年代のうち、最も多いのも30代という結果になっていると言われています。

女性が4年制大学を卒業して仕事をするとなると、22歳から社会人がスタートするわけですよね。
そこで仕事のキャリアを重ねていくと30代はすぐに来ることになります。

女性にとっての30代は大きな分岐点

女性にとっての30代というのは、やはり人生の大きなハードルをひとつ超える時期となりますよね。
30代にならないうちに結婚したい、と思う人、30代前半に結婚したい、と思う人、30代のうちに結婚したいと思う人がそれぞれの立場で婚活を始めることになります。

しかし、男性側の意識はいつまで経っても変化はなく、30代女性よりも20代女性の方が結婚相手として求められているという現実があります。
子どもを欲しいと希望する男性であれば、それは30代女性よりも20代女性を結婚相手に求めることになるでしょう。

30代と20代、子供を欲しがる男性は?

それは現実として仕方のないことです。
年齢が上がれば上がるほど妊娠は難しくなります。
婚活市場においては、35歳を超えた女性は、それほどチャンスが残されていないということになってしまうのです。

しかし、チャンスが全くないわけではありません。

元々子どもを求めていない男性も世の中にはいますし、経済的にも精神的にも自立している女性を求める男性もいます。
そういった意識を持つ男性と出会うことが出来れば、結婚することは出来るわけですね。

年齢だけでしか女性を判断しない男性に関わることは、アラサーの女性にとっては時間の無駄でしかありません。
それよりも素の自分を魅力的だと感じてくれる男性を探す努力、あるいは今の自分をより魅力的にする努力をすることに時間とお金を使う方がより効果的な婚活だと言えます。

30代婚活は時間を無駄にしないこと!

アラサーの女性が行う婚活において、一番大切なことは、時間を無駄にしないことです。
それは厳然として存在する年齢のハードルをより高くしないために必要なことです。
子どもを求めない男性もいますが、結婚後、自分も相手も考えが変わることもあります。特に女性の年齢が上がってからの妊活は経済的にも精神的にも困難を伴うことになります。

そういったしなくてもいい苦労を避けるためにも、1日も時間の無駄は出来ないのです。
とはいえ、結婚するために、『共働きでも家事は全部女性である自分がやります!』というアピールをする必要はありません。

家計を維持することを分担するのであれば、家事を分担することは家族として当然のことです。
そんなこともわからない男性との結婚生活は長続きしないでしょう。
それよりも出会いのチャンスを増やし、人を見る目を養い、『一期一会』の機会を逃さないことです。

30代はチャンスを逃さないようにする!

チャンスには前髪しかない、ということわざがあります。

この意味は、チャンスというのは突然全速力で自分のそばを通り抜けるものであり、それをとらえるには、準備しておかなくてはならない、後ろから慌てて追いかけてもつかめる髪は後ろにはない、ということです。

いつ、将来の結婚相手と出会ってもいいように、肩肘を張らずに自分を出せるように、それでいて魅力的な女性であるように努力することが、アラサー女性が婚活で成功するためには、大切なことではないでしょうか。

結婚相談所紹介
メニュー
みんなの婚活体験談