アラフォー女性に贈る『婚活を成功させるためのポイント』

女性が仕事を持ち、キャリアアップを重ねていくことは素晴らしいことです。
しかし、残念ながら現在の社会環境は仕事を持つ女性にはとても厳しいものとなっています。

それは、女性が仕事をする上でキャリアアップを図りたいと希望すれば、結婚か、出産を諦めなくてはいけない状況がとても多いという現実があるためです。

もちろん、女性のキャリアアップとライフプランの充実を図るべく、福利厚生などの待遇を整備している企業もありますが、すべての企業がそのような待遇をできるわけではありませんよね。

そんな中、仕事を優先してきた女性たちが直面するのが、30代後半からの『婚活の壁』です。
一説によると、アラフォーの女性が10年後、人生の伴侶を得ているという確率は1%未満というデータがあります。

一方で、結婚相談所に登録している女性のうち、会員の約半数が30代後半から40代前半のアラフォー世代というデータもあります。
この相反するように見えるデータをどのように解釈するかは個人の考え方によりますが、このデータだけで婚活を中断したり諦めてしまうことはありません。

では、これまで仕事や自分磨きを頑張ってきたアラフォー世代の女性が、婚活を成功させるためにはどうすべきなのでしょうか。

1)現状を分析し、正確に把握する

アラフォー世代の女性が10年後に人生の伴侶を得ている確率が1%に満たないことは前述しましたが、まずはその現実を受け入れることが必要になります。

その上で、そのわずかな『勝ち組』に入るにはどうすればよいのか、という対策を立てるのです。

2)過去はアルバムに入れて飾っておく

かつてとても異性からモテていたという女性は、婚活をしていること自体にコンプレックスを持つかもしれませんが、過去は過去です。
今すべきことは、これから先の人生を一緒に過ごす相手を見つける未来を模索することです。

ですので、過去にモテていたとしてもそれはそれでいい思い出だったね、と思うにとどめておきましょう。
それを振り返って過去を懐かしむ時間は婚活が成功した後で十分です。

モテていた過去に囚われてしまうと、現実を直視できなかったり認められなくなることもあります。
それは婚活を妨げることにしかなりません。

3)人生の伴侶となる男性の年齢を決め、出会いのチャンスを増やす

アラフォー世代の女性が結婚相手として希望する相手の年齢は、とても幅広くなってきます。
経済的に男性に頼る必要がないキャリアを築いている女性は、かなり年下でも受け入れられますし、もちろん年上でも大丈夫、ということになります。

ただ、結婚相談所などで相手を探そうとする場合、アラフォー世代の女性に声がかかる確率はとても低くなってしまうのが現状です。
それは子どもを欲しいと希望する男性が多いことがひとつの理由となります。
これは仕方のないことです。

ですので、アラフォー世代の女性が婚活をする場合、年齢で『足切り』されることがない、婚活パーティに参加することをおすすめします。
年齢を明らかにする前に気が合う人と出会うチャンスを数多く作ることで、いいご縁に巡り合える確率も上がるというわけです。

ただ、闇雲に婚活パーティに参加するのではなく、結婚相談所が主催する婚活パーティに参加する方が、『出会いの質』が上がります。

イベント会社が主催する婚活パーティには、結婚を真剣に考えていない人や、場合によっては既婚者が参加することもあるため、そういった人との出会いを避ける意味もあります。

せっかく相性のいい人と出会えたと思ったら、結婚は考えてないと言われたというトラブルは珍しい話ではありません。

4)男性の評価を加点法にする

アラフォー世代の女性が求める結婚相手ともなると、経済的にも社会的にも一定の地位を築いている人、というイメージがありますが、そういった男性は既に人生の伴侶を得ていることが多いものです。

そのため、結婚相手を探すとき、人物評価の方法をいわゆる減点法ではなく、相手の良いところを探す加点法にしましょう。

そうすれば、ポジティブな精神を保つことが出来るだけでなく、相手にもいい印象を与えることができますし、結果的に人生の伴侶を見つけ出すことにつながっていくでしょう。

以上、いくつかポイントを挙げてみました。
これらのポイントをすべて満たそうとするのではなく、あくまでこれを踏まえた上で、婚活に取り組んでみてください。

特に大切になるのは、相手を加点法で評価することです。
何故ならこれは結婚後の生活にも通じるものがあるためです。

加点法の人物評価を重ねることで、相手に好意を抱きやすくなり、相手も自分の良いところを見てくれる人に対して好意を抱きやすくなるという好循環が生まれますよ。

結婚相談所紹介
メニュー
みんなの婚活体験談