よく知ってから利用したい!結婚相談所と結婚情報サービスの相違点とは?

婚活は自分の人脈だけではなかなかうまく行かないこともあります。
そのため、婚活をしている人の中には一度くらい、結婚相談所や結婚情報サービスの利用を考えたことがあるのではないでしょうか。

しかし、この2つのサービスは似ているようで、似ていません。似ているのは名前だけと言ってもいいでしょう。

そこで、今回は結婚相談所と結婚情報サービスの違いを見ていきます。

結婚相談所の特徴

結婚相談所は、特定の地域で結婚相手を探してくれるというシステムになっています。
例えば自分の生まれ育った地元で結婚したいと思っている人であれば、結婚相談所の利用をおすすめする、ということになりますね。

結婚相談所の大きな特長のひとつとして、入会して会員になると、婚活のスペシャリストであるカウンセラーやアドバイザーからのカウンセリングやサポートが受けられるというメリットがあります。

そのため、成婚率が他の婚活関連サービスに比べて高くなります。

また、カウンセリングの結果を受けたアドバイザーが希望の条件に合致した相手を会員の中から見つけて、適時紹介してくれたり、お見合いをセッティングしてくれますので、自分から積極的に異性にアプローチできないという人にも向いているサービスと言えます。

結婚情報サービスの特長

結婚情報サービスとは、結婚相手を探している人に、同じく結婚相手を探している人の情報を提供するサービスのことです。

結婚相談所と大きく異なる点は、サービスの内容にあります。
結婚情報サービスは自分自身で会員の中から自分の条件に合致した相手を探し、多くの場合は自らアプローチすることになります。

サービスの内容によっては、アドバイザーが間に入ることもありますが、基本的には、自分で行うのが結婚情報サービスです。
アドバイザーから会員を紹介されるというサービスは基本的にはないと思っていいようです。

結婚情報サービスにおけるアドバイザーのスタンスは、会員からの相談を受け、サポートする『縁の下の力持ち』という立ち位置です。

二人三脚で婚活を進めてくれるわけではありません。
ですので、自分から積極的に異性に対してアプローチできない、あるいは忙しくて自分ではなかなか時間が取れない、という方には、結婚情報サービスの利用はおすすめできません。
結婚情報サービスの大きなメリットは、全国規模の会員の中から希望する結婚相手を探すことができるという点です。

これは、結婚相談所にはないものです。
より多くの出会いの可能性を求めるのであれば、結婚情報サービスの利用がおすすめです。

アドバイザーやカウンセラーがいないという点も、考えようによっては自分のペースで好きに婚活を進められるという見方をすれば大きなメリットと言えます。

結婚相談所は結婚情報サービスを利用するよりもコストがかかりますので、お見合いの日程を組まれたら最優先になってしまいますね。

予定に縛らずに婚活したいのであれば、結婚情報サービスを利用した方が良いでしょう。

サービスと自分の性格の相性を見極める

結婚情報サービスも結婚相談所も、どちらもそれぞれメリットとデメリットがありますので、一概にどちらがいいとは断言できません。

ですので、それぞれのメリットとデメリットを比べてみて、よりメリットが大きいと感じた方が自分と相性がいいサービスと考えることができます。

必要になる費用も含めてしっかり比較検討した上で、婚活を終わらせるべく、自分にあったサービスを利用してくださいね。

結婚相談所紹介
メニュー
みんなの婚活体験談