婚活パーティーで感じた年齢について

32歳女性です。
周りの同級生がほとんど結婚し、合コンなどの出会いの場も激減…。
仕事も休日や勤務時間が不定期な業種だった為、自然な出会いに限界を感じ、30歳になる手前に婚活を始めました。

接客業のテクニックが婚活パーティーでうけた。

私は少人数(大体男女それぞれ10名前後)で、個室のようなブースで会話ができるタイプの婚活パーティーを活用しました。

利点としては一人一人の人と話す時間が少しゆったりとれて余裕があることや、人見知りで周りの目や音が気になってしまう方ともしゃべりやすい等があります。

そんなパーティーに何回か参加しましたが、私は幸いなことに毎回、多くの方から好印象を持っているというアピールや連絡先をもらうことができました。
私が参加時に心掛けていたことがいくつかあります。

まずは、笑顔。
顔を合わせる瞬間から笑顔で、目を見て、「こんにちは」と自分から挨拶するようにしました。
この時男性側も笑顔で挨拶を返してくれる人、目を合わせない、笑わない人、挨拶の声が小さい人、
等の部分でも良し悪しが判断できる基準になりました。

次に、名前。
相手の男性の名前を、対面している数分間の間に2回以上は呼ぶようにしました。
これも、私のその行動に対して、「名前を呼んでくれて嬉しい」と言ってくれる方や、
同じように私のことも名前で呼ぶように意識してくれる方等、反応が判断基準にできます。

そして、相槌。
どんなに興味のない話であっても、
さも興味があるように「へ~そうなんですね!」「おもしろそうですね!」「すごいですね!」
と少し大げさに頷きながら相槌をうちました。
まずは相手に気持ち良くしゃべってもらうことで、私に向けての質問等も質が良くなったように感じます。

婚活パーティーに参加したことのある方は、
「自分にとって全く好みでない男性もたくさんいる中、こんな努力をする必要があるのか?」
と思うかもしれません。
が、私の場合はどんなに好みでなくても、これも勉強のうち!と楽しむようにしていました。

ココで挙げたポイントはいわゆる接客業における基本的なテクニックです。
私の職種が接客業だということもあり、自然とやっていたことではありますが、だんだん意識的にこれが大事なんだなと感じるようになりました。

やはりこちらが相手を気持ちよくさせれば、相手も私に好印象を持ち、
第一印象はいまいちだった人でも、自分にとって魅力的な部分を見せてくれたりしますので
受身で待つだけでなく、私たち女性側の努力も大切ですし、頑張った分だけ楽しめるのではと思います。

婚活パーティーで感じた年齢

まずは年齢。
迷っている方、少しでも早く初めて下さい。
残念ながら、年齢というのはとてもシビアな問題です。

私は29歳という年齢で初めて婚活の場に行ったのですが、
この時点で「30歳前に初めてよかった」というのが素直な感想でした。

まず応募する時点で、「30歳以下」 などの年齢制限にひっかかります。
そして「20代女性」という枠のパーティーに参加した場合、
その参加者に20代前半がいようものなら、29歳の肩身の狭さたるやありません。
人気の矛先もリアルです。

残念ながら、男性にとって年齢というのは若い方が魅力的に映る、という事実は動かせません。
とにかく迷っているなら早目に動きましょう。

そして参加するのであれば、パーティーにおけるこの年齢設定はよく見極めて下さい。
前にも挙げたように、「20代限定」「30代限定」等の場合、
その年代の幅9歳分の女性が集まるわけです。
四捨五入すると次の世代に分類されてしまう方は、
「26歳~32歳」ですとか、細かなくくりがあるパーティーが必ずありますので、
極力自分より年下の女性の比率が多くなるパーティーは避けましょう。

ちなみにこれを男性側にあてはめて考えてみますと、
やはり男性も「30代」というくくりであれば、参加者は大体私の経験上、38歳、39歳です。
たまに32歳なんていう男性がいると、なんでこの人来ちゃったのかな?という気持ちにすらなります。

年代くくりで同世代との出会いを求めたい方、
四捨五入で若い方にあたるのであればほぼ無理だと思って下さい。
きっと「同世代」というくくりのパーティーがありますからそちらを探しましょう。

このように、私の経験上ではまずパーティーの年齢くくりを見極めることで、成果率は変わるように感じました。

そして婚活の場において、男性は大抵30代後半~40代の方がメインの層です。

これより若い年代の人と出会いたいと思っているのならば、
婚活パーティーよりも更にカジュアルな街コン等を利用したほうがいいかもしれません。

というのも、婚活パーティーにおいて若い男性がいると、
「こんなに若いのに婚活パーティーが必要なんて、余程問題があるのではないか」
という風に見えてきます。
あるいは、「やましい目的での出会いの場にしているのではないか」
という疑問も出てきます。

実際私の友人は、比較的年齢が若く、見た目も悪くなく、収入も良い男性に出会った結果、2人で会うようになると結果的には体目的だったという経験談もあります。(とはいえ全員がそういうわけではないでしょうから、一慨には言えません。あくまで1つの経験談です。)

逆に婚活パーティーメイン層の年代の男性との出会いを求めているのであれば、同年代の男性がたくさん集まっているわけですから、見た目の良し悪し、収入の良し悪し、性格や雰囲気の良し悪し、と自分にとっての優劣を判断する基準はたくさん揃っています。

自分にとって何が一番大事かが重要になった

見た目も収入も性格も趣味も、すべてが理想的な人とはきっと出会えません。ですが、一度に多くの人と出会えることにより、自分はいったい何が大事なのか?どこは妥協ができないのか?そういった自分にとって明確ではなかった部分がだんだんはっきりしてきます。

その判断基準が揃ってくると、出会いの見極めもできるのではないでしょうか。

そんな私は婚活パーティーで出会った相手と結婚し、
今は毎日楽しく過ごしていますし、
お互いに最高のパートナーに出会えたと思っています。

相手に多くを求めすぎず、しっかり自分自身と向き合いながらの婚活で良い出会いを見つけて下さい。


メニュー