30代からの婚活秘話

40歳、ホテルに勤めています。
大学を卒業してからずっと同じ職場で、今までにたくさんの寿退社を見送ってきました。

私はずっと結婚というのは、誰にでもできるもの、私も30位になれば当たり前のように子どもが二人くらいいて忙しいながらも大変な毎日を過ごしていると勝手に夢を見ていました。

でも、現実の私は、なんとなく知り合った男性となんとなく関係を持ってしまったり、なんとなく彼氏とかがいないのはおかしいなどと思って付き合ってみたけど、しんどくて逆に生活がうまくまわらなくなったり。

あっというまに30歳になり、今度はなんとなくなんてとても贅沢だったのだと思えるくらい出会いがなくなりました。

30歳になり出会いが極端になくなった。

30超えて合コンなんて恥ずかしくて行けないし、気付いたら結婚式に呼ばれることも増えてきて、その式に被らないように洋服を新調すること以外に大きな出費や買い物もすることがないくらい、地味で真面目に仕事をこなす日々を送っていました。

でも、私はそこで気持ちを切り替えました。結婚式に呼ばれることがこんなに多いなら、そこを出会いのチャンスにすればいいのでは?などと、前向きに出席したり、それなりに高価な洋服を買っているのだから、婚活パーティーというものにも参加して、少し大人の出会いの場にも足を伸ばしました。

そうやって自分の行動範囲を広げはじめて、先日、後輩の結婚式に参加したときに、一年前に別の後輩の結婚式に参加したときにも出席されていたある男性と再会しました。
実は私はその式の時に、その男性を少し意識していたのです。

でも、同じ新婦側の出席者といっても、席も離れていて、集合写真も離れていたので接点はなく、後輩にはそれとなく誰なのかを聞いてみると、後輩の旦那さんはうちのホテルの出入り業者で、合コンをして知り合った人で、その合コンに来ていた人だと言うのです。

そして、今回結婚する後輩の旦那さんも、なんとその合コンで知り合った人で、彼はその二組全員との友人という立場だったんです。

その合コンの成婚率の高さに驚きです。こんなことなら合コンに参加すべきだと思っていると、今度はその彼から声をかけてくれたんです。

◯ちゃんの結婚式にも参加されていましたよねと覚えていてくれていて、あのときは知り合いがいなくて困ったのですが、今日あなたを見かけて少し安心しました。

こういう場は慣れなくて、とにこやかに話してくれたので、その先もスムーズに打ち解けることができました。

彼は30歳、その合コンで皆がカップルになるなか、俺だけいまだになにもないですと笑っていて、でも10歳も年下の男性だとわかって、私は心のなかで諦めがついたので、あなたならいつでもこれから出会いがあるよ、などとお姉さんぶっていました。

ほんとですか?じゃあ、あなたも俺はありってことですか?と冗談っぽく言われて、私がもし30代ならときめいていたなと言うと、彼は驚いて、どういう意味?30代…じゃないの?うそ?と動揺して、俺は同じくらいだと思って話していましたと言われました。うまいなぁ、と言うと、年齢って、お付き合いに関係ないと思っていて、見た目年齢で感じたものがその人を表すと思うと言ってくれました。

私は30を過ぎてから、恋愛には縁がなくなりましたが、自宅でヨガをしてみたり、スローフードに挑戦したり、ウォーキングなど、一人の時間を大切に、少しでも健康で若々しくあるために努力してきました。

一人で本を読んだり、映画を見たりするのも悪くないな、でももし誰かと出会えたら二人もいいだろうし、子どもができたらもっと素敵かも、と何でも前向きに考える癖もつけてきたつもりでした。

そういうのを彼が一瞬で見抜いてくれた、わかってくれたのかと勘違いして、一気に彼にひかれてしまいました。
彼とは連絡先を交換して、今はときどき飲みに行ったり映画を見に行ったりしています。

10歳の壁は私には高いですが、彼は全く気にせず、私の手をつないで歩いてくれます。

後輩二人にも、彼はオススメですと応援されていて、恥ずかしいから周りには内緒ですが、結婚の先輩として相談に乗ってもらっています。

メニュー