ゼクシィ縁結びカウンターの体験談

現在、28歳の女性です。
私が結婚相談所に登録したのは27歳のときです。
当時、長年付き合っていた彼と結婚を目前に破局してしまったことがきっかけでした。
会社員として働いているのですが、私の部署は、国内海外を問わず出張が多く、せめて海外に出るのをやめてほしい彼と、仕事を続けたい私との価値観の違いが別れの原因であったため、次にお付き合いする人とは、初めから条件を提示した上で、結婚を前提に付き合いたいと思ったからです。

ゼクシィ縁結びカウンターに登録してみた

いろいろと調べた結果、初めに登録したのがゼクシィの結婚相談カウンターでした。
会費の手軽さに惹かれたからです。

実際に店舗で担当の方と様々な条件を話し合い、お見合い相手を見つけてもらうのですが、相談員の方も、同世代の女性で、一緒に婚活がんばりましょう!という、明るい前向きな方で、いろいろな相談がしやすかったです。

結婚相談所=世話焼きなおばちゃんの押し付けというイメージが強かった私には、良い意味で衝撃的でした。

店舗を訪れるのは2ヶ月に1度。それ以外のやり取りは、ウェブ上で行います。
月に、3~5人ほどの男性を紹介していただき、ウェブ上で会う場所、会う時間などを指定しあい、当日を迎える…というスタイルでした。

紹介を待つだけでなく、ウェブ上では男性のプロフィール検索もでき、自分で「この人が気になる!」という方とお見合いの段取りをすることもできます。

ゼクシィの店舗で会うのではなく、普通に駅前のカフェでお話しすることが多かったので、初めは緊張しましたが、すぐに慣れ、会話を楽しむことができました。

もちろん、中にはまったく会話が弾まない…どうしようか…という方もいたのですが、30~1時間ほどで切り上げるように、と相談所側からも言われているため、そこまで苦痛でもなかったです。

現地での連絡先交換は固く禁じられているので、そういった面でも、安心して活動ができていました。
結果的に、8か月で30人近い方とお会いしましたが、ほとんどの方が紳士的で、特別トラブルもありませんでした。

ただ、ゼクシィでは双方の職業の詳しいことや、年収を開示しません。〇〇万円以上の方をご紹介します。というスタイルです。

私はお相手の経済面を重要視していたため、お見合いしていても、この人はどれくらい稼いでいるんだろう…と下世話な気持ちが消せず、いいなと思っても、なかなかその先に進むことができませんでした。
結果、退会。

ブライダルネットやゼクシィ婚活などにも登録!

少しの間、婚活はお休みしていましたが、やっぱり結婚したい!と思い、今度はもう少しフランクに…と、ブライダルネットとゼクシィの婚活サイトに登録をしました。

以前はネットでの出会いなんて…と思っていましたが、結婚相談所でしばらく活動したおかげで、ネットでの出会いも、紹介もそんなに大差はないし…という気持ちになっていました。

当然ながら、本当は既婚者なのでは?とか詐欺目的なんじゃ…という警戒心は多少ありましたが、どちらのサイトも、独身証明書、年収証明書などを提示している方は記載があるので、そういう方にのみ焦点を絞ってお会いしていました。

ここでも、15人ほどの方とお会いしましたが、何度もいろいろな男性とお会いしている中で、どんどん会話のスキルが上がっていくのがわかりましたし、常に男性に見られることを意識していたため、彼氏がいなくても服装や髪形に手を抜くことがなく、自分を磨くうえでもとても良い経験だったと思います。

そして最終的に、その中で「この人!!」と思えた人が、現在の婚約者です。
なんとか、目標にしていた20代のうちに結婚が叶いそうで、今は幸せいっぱいです。

結婚相談所に登録してよかったこと

結婚相談所や婚活サイトの一番のメリットは、お互いが「結婚」をしっかり意識していることだと思います。

プロフィールにも「いついつまでに結婚したい!」「こんな結婚生活を送りたい!」「理想の家庭はこんな感じ…」と具体的に記載されていることがほとんどです。

婚活パーティーにも何度か参加したことがありますが、出会いのきっかけにはなっても、結婚につながるかと言えば、そうではないように思います。
「気軽に遊べる人脈を探している」「合コン相手がほしくて」と、はっきり言われたこともありますし…。
結婚相談所と聞くと「そこまでがっついて…」とか「高そうだし…」というイメージがまだまだ根強いと思いますが、指をくわえていたって、王子さまはやってきてくれません。
私は、思い切って登録してよかったと心から思っています。

メニュー