ネットでの出会いから交際に発展した30歳女性

わたしは30歳になる女性です。
わたしは10年以上、幼稚園教諭として働いてきたので、女性が多い職場で出会いがなく、良いご縁に恵まれませんでした。

30歳になり、両親を安心させたいという思いと、わたし自身も女性としての幸せ、結婚をして、妊娠をして、出産をし、子育てをして、幸せを味わいたいと思い、婚活をしようと思いました。

30歳を過ぎたあたりから結婚を考え婚活をスタート

婚活するにあたっては、遊び半分ではなく、本気で結婚を考えている方と出会いたいと思っていました。婚活といってもいろいろな方法があるとは思ったのですが、なにせ、幼稚園教諭の仕事は、朝早くから夜遅くまでで、帰宅できるのも夜の9時を過ぎることがほとんど。

そして、土日返上で、自宅に引きこもって仕事をすることも多かったので、なかなか出会いの場に行くことも難しい状況でありました。

そんな時に、たまたまインターネットでいろいろと婚活について調べていたところ、出会い系のサイトを見つけました。
インターネットでの出会いは怖いのではないかな。怪しいのではないかな。と思っていましたが、もうそうも言ってられなかったので、勇気を出して、登録することにしました。

登録してみると、わたしが想像していたよりも、真面目な方が多く、何人かの方と連絡を取りました。
そしてその中の1人の男性と、個人的に連絡を取るようになりました。
いろいろな話をし、わたしは自然と会ってみたいと思うようになったので、わたしの方からお会いすることをお伝えしました。

そしたら彼の方も喜んでというお返事をしていただき、会うことになりました。
彼は北海道育ちで3歳年下です。
とても大手の証券会社に勤めている、誠実で優しい方です。

わたしが初めてあった日の第一印象は、背が高くて、ほんとうに真面目そうで、優しそうな人といった印象でした。
また、出会い系のサイトでもこのような誠実な方がいるのだなと思いました。
彼とは実際に会うにはすぐに連絡が取れた方が良いと思ったので、電話番号などは教えず、LINEの交換のみ行いました。

初めて会うことになり緊張がピークに達していた

初めて会う日は、わたしはほんとうに大丈夫かな。怖い思いをしないかな。とすごく緊張し、仕事も手につかない状態でありましたが、彼を信じたいと思い、勇気を振り絞って会いに行くことにしました。

待ち合わせは駅前のベンチにしました。
ベンチで待ち合わせといっても、たくさんの方が座っているので、どんな服装をしているかだけ、お互い伝えました。

わたしはすごくドキドキしながらも、待ち合わせ場所に10分くらい前に着きました。
すると、LINEで連絡をもらっていた服装に似た方がいて恐る恐る近づいてみると、彼の方から声をかけてきてくれました。

なんだかわたしは、彼を見た瞬間、ホッとしたことを今でも覚えていますが、ほんとうにごく普通の好青年といったような印象で、この一瞬で、出会い系のサイトを利用して、出会うことの恐ろしさや不安などは一気になくなりました。

お互い初めての対面で軽く挨拶を交わした後、一緒に彼が予約してくれていた、イタリアンのお店に行きました。
お店までの道のりも彼はごく自然に話をしてくれていて、安心しました。
食事をしながらいろいろな話をしましたが、さらに彼の真面目さや素直さ、なにより、真剣に結婚相手を探していることを知れて、わたしも第一印象が良かったこともあったので、また会いたいと思えました。

初対面の日はそのイタリアンのお店のみで、解散をしました。
彼からまた食事に誘っていいですか?と帰り際に聞かれたので、わたしはこころよく、了解しました。

それからは毎日のようにLINEのやり取りをし、ほんとうにたわいもないはなしや仕事のこと、プライベートなことまでたくさん話しました。
それからわたしたちは、何度か食事に行ったり、遊びに行ったりし、去年の11月ごろからきちんとお付き合いを始めました。


メニュー