結婚と仕事で悩んでいた私

25歳女性、現在は専業主婦です。結婚する前は公務員でした。
夫との出会いは私が20代のときで、知り合いの紹介でした。
夫の第一印象はいいものではなく、むしろ冷たい人だと思うほど、夫は初対面の人に対しては不愛想でした。それは今でも変わらないと思います。

結婚のきっかけは仕事の転勤だった

しかし、何度も会ううちに気が合うことがわかり、交際に発展しました。
私が結婚しようと思ったきっかけは、夫が転勤する可能性があることがわかったからです。

仕事上転勤が多いのは知っていましたが、近いうちに転勤があるというのです。
このままでは遠距離恋愛。
悩んでいる私に夫は「もちろん結婚も考えているから」と言ってくれたのです。

しかし、私はその頃公務員として働いており、公務員を辞めて専業主婦になることについて、とても悩みました。
仕事と結婚のどちらを選ぶか、すぐに決めることはできませんでした。

仕事と結婚を比べ、結婚を選んだ理由とは

家族や友人に相談して出した結論は、結婚でした。
なぜ結婚を選んだのかというと、小さい頃からの夢が温かい家庭を作ることだったからです。

これは決して変わることのない夢です。
この夢が夫となら叶えられると思いました。
私たちはたくさん喧嘩もするので、仲がいい夫婦とはあまり言えないような気がしますが、お互い必要不可欠な存在だと知っています。

私が仕事を続けて単身赴任という選択もあったと思いますが、それは私の理想の家庭ではありません。
最初からそのような選択をするのはよくないと思いました。

仕事は公務員だけではありません。
私の知らない仕事もたくさんあると思います。
これからの長い人生たくさんの経験を積んで自分を磨いて、自分に合う仕事を見つけて、また働けばいい。

あんまり固く考えずに今自分が大切にしたいことを選んだら、仕事より結婚だったのです。
ただそれだけです。

結婚してよかったことは1人じゃないということ

結婚してよかったことは、何をするにも一人じゃないということです。
転勤をしたため、地元を離れて知り合いがいない中での生活ですが、一人暮らしの頃よりも楽しいです。

食事をするのも夫婦で。
買い物に行くのも夫婦で。
寝るのも夫婦で。
何をするにも隣に夫がいます。

また、自分のことだけではなく相手のことを考えて生活するのも、とても幸せです。
私の場合専業主婦になったので、仕事をしていた時より自分の時間が増えたため、かなりストレスフリーになりました。

しかし、いつかはまた仕事をしたいと思っています。
結婚は簡単にできるものではないし、決断するにも勇気がいります。

しかし、自分の人生です。
自分が幸せになれればそれでいいと思います。
自分が結婚したいならそれでいいと思います。

親や友達、周りの知人たちも幸せになることを願っているはずです。
結婚することを決めたなら、絶対に幸せになってやる。という気持ちで、相手について行きましょう。

そして、とことん相手に尽くして幸せにしてあげましょう。
お互い幸せなら、絶対に素敵な家庭が築けるはずです。
そして、あのとき選んだ道は正しかったと自信を持てるはずです。

私はそうなることを信じて、現在専業主婦をしてます。
結婚当初は料理も全然できませんでした。
できるのは掃除とアイロンぐらいです。
しかし、毎日慣れない包丁を握るうちにレシピも増え、一通りのことはできるようになりました。

人生何が起こるかわかりません。後悔することもたくさんあると思います。
しかし、すべては自分次第だと思うのです。
結婚がすべてではありませんが、仕事がすべてでもありません。

自分にとっての幸せが何かを考えて、決断してください。
そして、幸せになれるよう努力してください。
私もこれからも幸せになる努力を続けたいと思います。
今私が言えることは、結婚はいいものですよ。ということです。

メニュー