25歳のときにレンストランで知り合った人と結婚した話

私が結婚したのは25歳の時でした。
女性の結婚年齢のごく平均的な年齢だと思いますが、当時の私はまだ結婚したいとは考えてもいませんでした。

というのも、私はその時、レストランのキッチンで働いていたのですが、1年間のバイト期間を経てようやく契約社員の調理見習いとして働くことが決まったところだったからです。

結婚した相手と初めて出会ったのも当時働いていたそのレストランでした。
私がアルバイトとして入ったそのレストランで彼も働いていたのです。

初めての彼の印象は暗くておとなしそうだったが…

初めて彼に会ったときに挨拶と自己紹介をしたのですが、初めてしゃべった印象は、暗くておとなしそうな人だなぁといったかんじでした。
彼もアルバイトだったのですが、それまではホテルでフランス料理を作っていたらしく、新しい職場を見つけるまでのつなぎのアルバイトだったようです。

彼は調理経験者だけに手際も良く、厨房のチーフとなんの遜色もなく同じように料理を作っていました。無駄話しを一切せず笑顔の一つもなくもくもくと料理を作り続ける彼に恋愛感情は全くありませんでした。

それまでの私は恋愛がとても苦手でした。
もともとが人見知りな性格なので、相手を少しでも男性として意識すると意識し過ぎて何も話せなくなってしまったり、自分らしさをつい隠してしまったりしてしまうのです。

初めてできた彼氏も二十歳を過ぎてからでした。
初めて付き合った人とは、大学3回生のころから大学を卒業してから少したったころまでなので2年ほどです。

同じアルバイト先の人だったのですが、その人のことが大好きだったというわけではありませんでした。一つ年下のおしゃべりな人で人懐こいタイプだったので気楽に接することができて楽しかったので告白されてオッケーしました。

私が社会人になり忙しくなったことや、もともとがそれほどの情熱をもって付き合ってはなかったことが原因で別れました。

それからは、何度か彼氏のいない友人とコンパへ出掛けたりして何人かの彼氏ともお付き合いしましたが、いっこうに長続きしませんでした。

新しい彼氏が欲しくてコンパに通ったりしていましたが、同じレストランで働く今の旦那を恋愛対象と見ることは全くないまま月日は過ぎて行きました。

その状況が一変したのは、レストランで働くスタッフ達との飲み会がきっかけでした。
たまたま隣の席に今の旦那が座ったので、興味もさほどないままに会話をしてみました。

そして、まず同じ年齢だったことに驚きました。
いつもコック帽を深くかぶって仕事をしていたので年上の人だと思っていたのです。
今までは年上の先輩だと思って敬語で話していたのですが、同い年だとわかり一気にしゃべりやすくなりました。

そして、話しかければポツポツと返事をしてくれることに嬉しさを覚えました。
初めての挨拶の時は根暗な印象だったのですが、彼もまた極度の人見知りだっただけでした。
すっかり打ち解けると、にっこりこちらに向かって笑う笑顔も可愛くみえました。

一度打ち解けると、彼との仲は一気に加速していきました。
レストランの勤務は、毎日、長時間なので、自然と仲良くなってしまうのです。

毎日夜の11時ごろまで働いて、その後、ご飯を食べに行く毎日をしばらく過ごしました。
そして付き合うことになったときには、もうすでに彼と結婚するだろうなぁと認識していました。

今まで付き合ってきた人の中で彼ほど、自分を包み隠さずに付き合うことができた人はいなかったからです。
同じ厨房で働いていたことも大きかったです。
いつかは自分の店を持ちたいという夢が同じだったのです。

ひとりの夢だったものが、ふたりの夢に変わっていた

いつか自分の店が持ちたいという夢がいつの間にか、二人の店を持ちたいという夢へと変化していました。そして、付き合って1年後にはお互いの両親に紹介し、その1年後にはもう結婚していました。

今は42歳。結婚してから16年が経とうとしています。彼と結婚してからの16年はあっという間のできごとのようです。

その間に、3人の愛しい子供もでき、二人の夢だったレストランも開業することができました。
レストラン経営はまだまだ赤字続きで3人の子供を抱えて問題は山積みです。

人間完璧な人はいないので目をつぶることも大事

結婚して十年以上たつと、恋愛の情熱も冷めて相手の悪いところも見えてくるようになります。
ですが、欠点があるのはお互い様で、なんとか二人で協力してやっていければいいかなぁと思います。

ケンカをした時や、お互いの考えていることが全く理解できない時などは、離婚して自由になりたいと思うこともありますが、なんとか乗り越えていきたいと思います。

これから結婚する人にアドバイスするとしたら、人間、完璧な人なんていないので、ある程度の欠点は目をつむってやり過ごしましょう。
話し合わないといけない事はとことん話し合う必要がありますが、我慢するところは我慢して、長い人生、夫婦二人で上手に乗り越えていきましょう。よく「結婚はゴールではなくスタートだ」といいますが、まさにその通りです。長い長い道のりの始まりなのです。

メニュー