27歳のときに4歳年上と結婚した

私は女性で27歳のときに4歳年上の男性と結婚しました。彼との出会いは私が社会人を経験した後、退職し専門学校に通い学生をしていたときでした。若いときから結婚願望が特にあったわけではありませんでした。20代中ごろになるとむしろどちらかというと「私はきっと一生独身なんだ」とさえ思っていました。それまでにも真剣にお付き合いしていた男性がおり、婚約までしていました。ですがこころのどこかでずっともやもやしており、すごくいい人で一緒にいて楽しいのですが「結婚する人」ではないと思いはじめ彼と話し合いを何度もし結婚はなくなりました。その後の学生生活でした。クラスは私より年下ばかりでわたしも年齢的にあそんではいられなかったのであまりクラスメートとも接することもなく日々が過ぎていました。当時男性とお付き合いするということにも興味がなくただ一人で過ごしていました。
そんなときに偶然出会った男性が今の主人です。彼は今まで私がお付き合いしてきた男性とは少し違い、社会人経験も豊富で普段はクールで物静かな感じの人でした。お互い気があっていたのか気がついたらお付き合いしていました。出会った当時は個人的に彼と仲がよかったわけではなく、「仲の良いグループの一人」という感じでした。なのにいつの間にか自然とお付き合いするような関係になっていたことに少し不思議な感じはありました。

この人とだったら結婚したいなと思ったきっかけは私の家族をとても大事にしてくれた事と「もし二人に子供ができたら」という話をしたときでした。私の家族に初めて会ったときも堂々としており両親にとても優しく接してくれました。年上を敬うということがきちんとできる彼の一面を知ったときでした。それとある時ふたりで赤ちゃん欲しいね、名前はどうしようか。といった他愛もない会話をしたときです。今までお付き合いした男性とはそのような会話をしたことがなかったので「彼は私との将来のこともきちんと考えてくれているんだ」とい嬉しさもあり、この人とだったら幸せな家庭が作れるかなと思い始めました。
 

結果的に私たちは交際1年未満で結婚しました。わたしが学校を卒業したすぐ後です。今まで結婚という憧れもなかったので実際に結婚してみてどうなるかと不安でしたが結婚して本当に良かったと思えます。一番は「パートナー」がいるという安心感と責任感ができたことでしょうか。もちろんあかの他人同士が一緒に生活するわけですから、その中での小さな問題や揉め事はあります。時には大きな喧嘩になってしまうここともありますが、主人の存在が私の心の支えとなりまた彼もそう思ってくれています。独身のときだったら簡単にあきらめたり投げ出したりしていたことを頑張れたり、相手がいることで生まれる責任感も出てきたと思います。それとなんといっても「家に帰っても一人ぼっちじゃない」というところです。カタチとしては同棲の時と変わらないよう思いますが気持ちが違います。

結婚は幸せなことばかりではありません。特に結婚願望があり自分の結婚生活のビジョンをしっかりもっているような方なら特に結婚後のギャップに驚くかもしれません。幸せじゃないと感じることがあるかもしれません。相手が結婚生活していく中で合わないなと思うときもあるかもしれません。ですが決してネガティブに考えないでください。問題から逃げずにとことんその都度話し合いをしてほしいとおもいます。それもポジティブな話し合いをしてください。ネガティブなとろこからポジティブはうまれません。いろいろな所で目にしているとは思いますが「ありがとう」という気持ちをお互いが忘れずに言葉や態度でつねに表現しあうことは本当に大事だと思います。

メニュー