結婚相談所を利用して良かったこと

私は現在35歳。
普段は事務職をしています。
女性が多い職場ではなかなか出会いもなく。
数少ない男性社員も、みんな既婚者ばかり。
どことなく焦りを感じた私は、結婚相談所の無料相談に行ってみることにしました。

結婚相談所に行くことへの葛藤があった

最初は結婚相談所に行くことに、もちろん抵抗がありました。

それは自分自身のプライドです。
何か結婚相談所に行くことを「負け組なのかな?」と思っていた部分もあったからです。

結婚がいつできるのか分からない。
もし出来たとしても、子供が健康で産める年齢で結婚できるのかの保証もない。
そんな悩みから、まずは無料相談に行くことにしました。

ゼクシィ縁結びカウンターの無料相談に行ってみた

ちょうど近くにゼクシィ縁結びカウンターがあったので、まずはそこに行ってみることに。
駅構内で何度か大きいポスターを見かけたこともあったので、安心感があるのが行ってみる動機に。

中へ入ると、とても優しそうなスタッフの方がいて。
個別に現状とシステム、そしてプランなどの説明を聞きました。

当時の私は32歳。
どうにか35歳までには結婚がしたい!ということをアピール。
担当のスタッフに私の熱意が伝わったのか、早速お見合いのチャンスをもらいました。

お見合いというと、とても堅苦しく聞こえるかもしれませんが。
実際は顔合わせのようなものでした。
「清潔感のある服装が印象的ですよ」とアドバイスを頂いていたので。
あまり派手な格好はせず、清楚な装いで行きました。

初めてのお見合い

お店に入って来た相手は、私より3歳年上の好青年のような男性。
初めはお互い緊張していましたが、打ち解け始めると、彼もまた私と似たような経歴でした。

職業は営業職をしており、体育会系の職場で女性はほぼいないのだとか。
35歳までには結婚して家庭を持ちたいと言っており、とても前向きに結婚を考えていました。

その日はそれで終わりました。
それから何人かとお見合いなどをしましたが、やはり一番好感がよかったのが、彼でした。
何度か連絡を取っているうちに、「まずはお互いのことを知るために真剣に交際をしたい」と彼から言われました。

真剣交際からの成婚

私は彼からの言葉がすごく嬉しく。
もちろん即答で「はい」と答えました。

それから数ヶ月間は仕事終わりに食事に行ったり、休みを合わせて旅行へ行ったりと。
お互いがお互いを知る上での経験をしました。
その時には、万が一上手くいかなかった時のことも考え、結婚相談所は活動休止のまま保留にしておきました。

彼はとても前向きに結婚を考えていたので。
しばらく交際期間を続けた後、ちゃんとプロポーズをしてくれました。
そのことを担当のスタッフに伝えると、家族のように喜んでくれたのがとても印象的でした。

本当に結婚は一生に一回のもの。
相手を決めるのは運命のように感じますが、本当にいい出会いに繋がって良かったです。

メニュー