アラサー男子の婚活秘話

私は会社員をしています、34歳の男です。
一昨年の32歳の時に半年間、婚活に集中し、翌年の春に年下の女性と結婚をしました。

婚活を始めた理由

私が婚活を始めた理由は3つあります。

1.30を過ぎたあたりから出会いが一切なくなった。
2.将来に対する不安。
3.親が元気な間に子供を見せたい。

大まかには、この3つが婚活を始めた大きな理由です。

30歳を過ぎたら出会いがいっきになくなる

学生時代に一緒に合コンなどに参加していた友達も、次から次へと結婚をし。
家庭を持ち始めると、なかなか人の紹介や、合コンなどの出会いもなくなって来ました。

また仕事でも部下が多くなったりと、今までと違った忙しさから、出会いの場に自ら足を運ぶことも減りました。
上司からは「いつ結婚するんだ?」と聞かれても「まだ当分予定はないですね」と愛想笑いが続く日々。
自分にとって結婚が遠いところにあるように感じていた最中、転機が訪れました。

部下の結婚が引き金となった

新卒で入った新入社員の子が入社から1年後に結婚をしたのです。
社内は祝福ムード一色だったのをよく覚えています。

それからと言うもの新入社員は勢いがついたのか、仕事でも大きな商談で契約に結びついたりと。
仕事もプライベートも充実したからなのか、出世街道に乗りました。
その時に私は、守る家庭が出来ると人はこうも変わるものかと体感しました。

将来に不安のあった私は今後のことを考えて、婚活を始めることを決意。

婚活サイトに登録をしてみた

しばらく出会いとは遠のいていた私は婚活サイトに登録をしてみることにしました。
サイト内で何度かメールをしたり、実際に会ってみましょう!と話が盛り上がったりもしましたが。

「結婚」と言うのには少し遠い気がするように感じました。
女性も20代の女性が多く、「結婚」よりは「恋人」を探している人が多いのかな?と感じました。

その後、退会した私は。
同僚の勧めで、結婚相談所に登録してみることにしました。
「昔っぽいのイメージしているかもしれないけど、スマホでも出来るよ」と。
婚活サイトに似ていることを教えてもらい、早速、オーネットに登録してみました。

楽天オーネットでの活動

楽天オーネットは、何回かテレビや雑誌広告などで見たことがあり。
気軽に始められそうかなっと、登録してみることにしました。

自分のプロフィールも誇張するわけでもなく書き、趣味のドライブのことなどもプロフィール欄に書きました。
また検索が充実しているのもあり、私は似たようなアウトドア派な女性にアピールすることにしました。

何人かの女性と連絡をしているうちに、同じ都内に住む女性と話が弾み、後日一緒にドライブに行くことにしました。

その女性と千葉の方までドライブに出かけ。
片道2時間ぐらい、車の中で自分の話や、彼女の話をたくさん聞きました。
その日はそれで解散になり「また後日お会いしましょう」と約束をして別れました。

連絡は続き見事成婚へ

その日から、毎日のように連絡を取り。
3ヶ月が経過した時に交際に発展しました。

それからはトントン拍子にプロポーズに発展、成婚になりました。

半信半疑で始めた婚活。
こんなに上手くいくとも思っていなかったです。

やはり始めは不安もあったのですが、登録してアピールする積極性さえあれば、出会いやチャンスは巡っているのだと思いました。

メニュー